ハンバーグのパイ包み焼き こいのぼり風

 

〜行事食で楽しい食卓づくりを〜
5月5日は男の子の成長を祈願する端午の節句。日本古来の習わしや季節ごとの行事食を取り入れ、家庭で大切にすることは心を豊かにします。お子さんやお孫さんのすこやかな成長を願い、愛情たっぷりの行事食で食卓を囲みましょう。

ハンバーグのパイ包み焼き
  • 冷凍パイシート    11×19cmを4枚
  • 合びき肉        200g
  • 玉ネギのみじん切り 1/4個
  • パプリカ(赤・黄)   各1/3個
  • サヤインゲン     40g
  • うずらのゆで卵    2個
  • 生シイタケ      少々さわら
  • パン粉       20g
  • 牛乳        大さじ2
  • 卵         1個
  • 塩         小さじ1/3
  • こしょう      少々
  • サラダ油     少々
  • 溶き卵      少々
  1. 玉ネギは電子レンジで1〜2分加熱し冷ます。
    パン粉に牛乳を入れ、ふやかしておく。

  2. 冷凍パイシートは冷蔵庫に入れて、解凍しておく。

  3. ボウルに合びき肉、塩、こしょうを加えて粘りが出るまで混ぜ合わせる。
    1.と卵も加えて、よく混ぜ合わせる。
    4等分にし、やや細長く平らに形成しておく。

  4. フライパンにサラダ油を熱し、3.を強火でさっと焼いて表面のみに火を通す。
    両面焼いたら、取り出して冷ましておく。

  5. パイシートをめん棒で4.が包めるサイズにのばし、手前に冷めた4.をのせる。
    手前の端に溶き卵を塗ったら、向こう側のパイシートで包み込む。
    片方の端を尾ひれ状に形成し、表面にスプーンでウロコ型をつける。
    溶き卵を塗って200℃のオーブンで15〜20分焼く。

  6. 太めのせん切りに切ったパプリカとサヤインゲンを塩ゆでする。
    シイタケは丸型に抜いてさっとゆでる。

  7. 焼き上がった5.を皿に移す。
    半分に切ったうずらの卵に6.のしいたけを重ね、目の部分に似せる。
    パプリカとサヤインゲンは吹き流し風に盛り付け、お好みでケチャップを添える。

ひとこと:ハンバーグがしっかり冷めてからパイシートで包みましょう。

一人あたり:222Kcal、塩分0.9g


レシピ提供 柴田町食生活改善推進員連絡協議会


 

柴田町役場 健康推進課
宮城県柴田郡柴田町船岡中央2丁目3-45
電話番号:0224-55-2160

Copyright 柴田町. All rights reserved